教えます。プロが実施してきた 木バラの花摘みの仕方。 こちらの商品はテキストとなります。 詳しくはこの画面をクリック
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

教えます。プロが実施してきた 木バラの花摘みの仕方。 こちらの商品はテキストとなります。 詳しくはこの画面をクリック

¥800 税込

※こちらはダウンロード商品です

hanapinchi.pdf

1.23MB

<ご注意> こちらの商品は、テキストが郵送されるわけではございません。 クレジットカード決済やPayPal、楽天ペイにて購入いただいた場合は注文確認メール、コンビニ決済で購入いただいた場合は支払い確認メールにてダウンロード可能です。 春の時期を迎え、やっと咲いたバラ。 皆さんが、大切に育ててきたばら。 咲いたバラは、そのあとどうしていますか。 いつまでも枝に残したままにしていませんか。 「せっかく咲いたのに、なんか切るのがかわいそう。」 「切ったら枯れるんじゃない?」 「切る位置がわからないから、そのままにしているよ」 バラは、とくに四季咲き性の系統は 必ず、咲いた花は切らなければいけません。 切ることにより、 次の花を見ることができるのです。 しかし、 切るには、タイプごとに ルールがあります。 このルールがとても重要なのです。 このテキストは 大きな花を咲かせる大輪種と 中位の花をたくさん咲かせる中輪種の 花摘みについて わかりやすく解説しております。 プロが実際に実施してきた 花摘みのやり方です。 皆さんの大切なバラの花摘みの 参考になさってください。 本サイトには、著作権法により保護されている 以下の著作物が含まれます。 文章・音声・映像・画像・図面・写真・プログラム・著作物 および、これらの二次的著作物について、 やまもと土づくり研究所をはじめとする権利者に無断で 複製、放送、配付、貸与、翻訳、変造することは、 著作権侵害となり、法的に罰せられる事があります。